頬の赤みが消えない場合の原因と対策について

おすすめの頬の赤み化粧品について

2018年02月14日 07時27分

頬が赤くなるという人もいるのではないでしょうか。少しの変化で頬が赤くなるとすごく悩んでしまいますよね。ですが、頬が赤いのは化粧品で改善することが出来るのでどんな成分がいいかを紹介するので参考にしてくださいね。

もちろん体質もあるのですが、ある程度改善することが可能なので安心してください。

頬が赤くて悩んでいるという人もたくさんいるのではないでしょうか。頬が赤い「赤ら顔」と言われる顔が赤く見える状態は正式には「毛細血管拡張症」という病気です。ですが、化粧品を使えばある程度改善するのでその方法を紹介したいと思います。


・まずは原因を考える

頬が赤くなるといってもどのような原因で赤くなるかは人それぞれ違います。例えば気温の変化ですぐに赤くなる人は血管が広がりやすい体質といえます。

血液の流れがスムーズになると血管が広がりにくくなることから血流の流れをスムーズにするのに役立つ成分がある化粧品を使う事が大切です。また、ニキビなどの炎症によって赤みが出るなら炎症を抑える成分使用するといいでしょう。


・おすすめの成分

まずは、炎症を抑える作用を期待できる成分を紹介します。おすすめの成分はビタミンC誘導体、フラーレン、トコフェロールという成分になります。そして、血流をスムーズにする成分もとても大切です。

血流をスムーズにする成分はビタミンKがおすすめです。炎症がおさまった肌にはビタミンKが配合された化粧品を使う事が大切なので、まずは自分のお肌の状態から確かめてみるといいでしょう。

そして、血液がスムーズに流れれば血管が広がりにくくなるので、赤ら顔の改善も期待できます。化粧水、クリーム、美容液など様々な種類の化粧品に配合されているのでいくつか使ってみる事をおすすめします。


・自分のお肌に合う事が大切

いくら赤ら顔に効果があるといっても自分のお肌に合わなければ意味がありませんね。肌質は人それぞれなのですべての人に同じ化粧品が合うとは限らないです。

新しい化粧品を使い始めたらまずは、その化粧品が自分のお肌に合うかしっかりとチェックしてみましょう。いくつか試せば自分のお肌に合うものがあると思うので、成分も大切ですが、まずは自分のお肌に合うことを一番に考えましょう。

このように、頬の赤みで悩んでいる人がどのような化粧品を使えばいいか紹介しました。頬が赤くなると恥ずかしいのでイヤですよね。体質だと思ってあきらめてしまっている人もいると思いますが、改善をすればよくなるので、化粧品を選ぶ事をおすすめします。

上記で紹介した成分が入っている化粧品をまずは使ってみて、少しでも改善するか様子を見てくださいね。そして、少しでも頬が赤くなるのを良くするようにしてください。そして、どうしても良くならないという人は皮膚科に行くということも考えてくださいね。