頬の赤みが消えない場合の原因と対策について

顔の赤みの原因と改善の仕方

2018年02月14日 07時29分

以前は私も赤ら顔になっている時期があり、大変悩んだことがありました。どうして顔が赤くなるのか?その原因や改善方法などはないかなどと、沢山悩み色々調べたりもしました。

結果的に顔が赤くなる原因が分かり、改善が出来て、今は顔が赤くなる事がなくなったので、もう赤ら顔で悩む事はありません。そこで、今回は私は調べたり実践したりした赤ら顔の原因と改善方法をまとめてみます。


・赤ら顔の原因は大きく分けて3つある。

まず、赤ら顔のタイプには大きく分けて3つがある事が分かりました。

一つ目は血管や血管中の血液に原因があるタイプ。毛細血管は気温に合わせて血管を拡張、収縮させて体温を調節します。血液の量が過剰に増えると見えないはずの血管が透けて見えてしまうので、顔が赤くなるのです。

二つ目は極度の緊張によって、人前に出ると顔は赤くなる一時的タイプの赤ら顔です。

そして三つ目は皮膚に原因がある場合なのです。皮膚に炎症を起してしまったり、何かしらの肌トラブルで、皮膚自体が薄くなり赤くなってしまうのです。

私は三つ目の皮膚炎症によっての赤ら顔タイプだと言う事が分かったので、一時的に皮膚科へ通い、処方してもらった薬を使い、その後はスキンケアを全て見直して、オーガニックの基礎化粧品に変えて、大好きな刺激物食品を控えるようにしました。

皮膚からきている赤ら顔の場合は食事の見直し(野菜やフルーツをとりながら、たんぱく質もしっかり摂取します。野菜は主に根菜類をとり、乳酸菌を多く取ることで腸内を安定させて、皮膚状態も落ち着かせました。

また味噌や糠漬けなどの発酵食品も効果的でした。)改善させることが出来ました。

また一つ目の原因で赤ら顔になっている人が半数以上だと言う事も分かりましたが、血管や血管中拡張型が原因での赤ら顔の場合は、気温差が激しい場所を避けることが最も重要となります。

特に気温差が激しい冬場の外出はマスクをしたり、頭と耳がすっぽり隠れるような帽子をかぶり、口元までくるマフラーなどで防御する事が大切になってきます。

また自立神経の乱れを整える為に早寝早起きを習慣とする、アルコール類と辛味料はなるべく避けるなどの事を守るっていくと、除叙に改善は見込めるとのことなのです。

また緊張型の赤ら顔は精神的なことの克服を含めて改善させる事も必要となりますが、血管や血管中の拡張型の人と同じ対策が有効だと言われています。


・三つのタイプの赤ら顔に効果的なメイク術

また三つの全てに対応出来るのがメイク方法です。

化粧下地としてつけるコントロールカラーは赤みを防ぐ紫系の色を使います。

ファンデはあまり白い物を使うと赤ら顔が目立つので、一つカラーのトーンを落とすことで赤ら顔を目立たなくさせてくれる効果があるのです。

こられらの方法でかなり赤ら顔は改善されてくると思うので、お悩みの方は試して欲しいと思います。