頬の赤みが消えない場合の原因と対策について

頬の赤みが消えない場合の原因と対策について



頬の赤みが消えないということで悩んでいるという場合、その原因を知ることで対策が取れるようになります。状態を改善するためにも、頬の赤みが消えない原因について知った上で対策を行っていくことが大切です。

そこで、頬の赤みが消えない場合の原因と対策についてこれからご紹介してみたいと思います。


・頬の赤みが消えないという時には

頬の赤みが消えないという赤ら顔には原因があるといわれています。赤ら顔の原因は大きく分けると2つあるといわれていて、一つ目は肌の薄さが挙げられます。そして、もう一つの原因には、肌が炎症を起こしているということが挙げられています。

そして、これらの原因は関連性があって、肌の状態が薄くなっていくと炎症が起こりやすくなっていると考えられているのです。

そこで、まず頬の赤みが消えない場合に挙げられる一つ目の理由の肌の薄さについてご紹介してみたいと思います。


・頬の赤みが消えない原因、肌の薄さ

頬の赤みで悩む人の多くは、皮膚が薄くなっていて、乾燥や紫外線などの刺激に対して弱くなっているという点が挙げられています。また、洗顔などを行った時の刺激に対しても弱いという特徴もあります。

しかし、肌はどうして薄くなってしまうのでしょうか。このことについては、肌が生まれつき薄いという体質の人もいるといえますが、頬の赤みが消えないということで悩んでいる人の多くは自身でケアをしすぎたりして皮膚が削れてしまっているということも多いといわれています。つまり、毎日行う洗顔やマッサージなどが肌を薄くしている原因になっているということなのです。

例えば、ピーリング効果が高い洗顔料を用いてよく洗顔をしていると、だんだんと肌の角質層が薄くなってしまうのです。また、洗浄力が高くて肌の角質を溶かしながら肌をきれいにするなどの洗顔料をよく用いているという場合には、肌が他の人に比べて兎クスなりやすかったりするのです。

このことは、肌を強くこすっていない場合でも、ピーリング剤や酵素などの成分が配合されていて、肌を削りながら洗顔するということでも起こるといわれているのです。肌の表面が削られてしまうと、その下にある血管の部分が見えやすくなります。このことで肌が赤みがかったように見えるといえます。

また、肌の角質を薄くするようなケアを過度にしてしまうと、肌を保護している角質層がはがされてしまって、その下にある顆粒層という肌の部分がそのままむき出しになってしまったりします。だけど、ノンエーだったら大丈夫です!ノンエーで洗顔後を確認

ノンエー洗顔石鹸

そうなると、顆粒層は角質層で保護されているほど敏感な肌層で、その部分を保護している角質層がはがされてしまうことで、紫外線の影響や外気の刺激など、メイクアップ時などの化粧品の成分からの刺激などが敏感な肌に直接作用してしまうということになるのです。

そのため、肌の状態が敏感になってちょっとしたことでも刺激になってしまいやすくなるというデメリットが生じやすくなります。例えば、顔の頬は皮膚が薄くなりやすいところだといわれています。

頬の角質層が薄くなっていくと、当然ながら角質層に蓄えられている水分を保持することができなくなってしまいます。そのため、乾燥肌になりやすくなってしまうのです。

そして、皮膚が薄くなっていく時には、皮膚の最も外側で外界から侵入する物質を防御したり、肌への刺激をマイルドにしてくれる機能をもつ角質層はダメージを受けているといえます。

そのため、角質層が削られてしまうと、外部からの刺激が表皮や真皮へとよりダイレクトに伝わってしまうのです。また、肌も乾燥しやすくなります。肌が乾燥すると、肌のバリア機能もさらに低下しやすくなりますので、刺激物質が肌にもっと侵入しやすい状態になってしまいます。

そうなると、肌に炎症が起こりやすくなり、炎症性の赤みの原因につながっていくのです。


・頬の赤みが消えない原因、肌の炎症

頬の赤みが消えないという場合、肌に炎症が起こっていることも考えられます。なぜ炎症が起こるのかという点については、肌が薄くなってしまったということが関連しているということが多いといえます。

肌が薄くなると毛細血管が見えやすくなることに加え、肌の免疫力が低下してニキビや肌荒れなどになりやすくなります。つまり、炎症が起こりやすくなるのです。炎症が起きた肌は赤みがかってきます。

そうなると肌の薄さなども相まって、肌がより赤く見えるようになってしまうのです。

外からの刺激を受けやすくなった肌は炎症が起こりやすくなり、通常の皮膚の常在菌でさえも肌にとっては炎症の原因になるのです。

このような状態になっている肌は赤実が消えない状態になっており、とても敏感です。そのため、頬の赤みを改善するためにも改善策を講じて、肌の炎症を改善していくことが必要になります。


・頬の赤みが消えないという場合には角質層を健康にする必要がある

頬の赤みが消えないという場合には、角質層を健康にすることで、薄い皮膚を健康な状態に戻していくことが必要です。つまり、角質層が健康になることで、これらの状況が改善に向かいやすくなるのです。

角質層が健康な状態になると肌の水分保持が向上します。そのことで、肌の場理科機能が復活し、外界などからの刺激から肌をしっかりと保護してくれるようになるのです。

肌のバリア機能がしっかりと機能するようになれば炎症の改善につながります。紫外線や気温の変化などの刺激からも肌を保護してくれて、だんだんと過敏反応が起こりにくくなっていくといえます。

そして、角質層がないことでむき出しになっていた顆粒層にある毛細血管も外から見えにくくなるというメリットもあります。そのことで、肌の赤みが落ち着いてくるということになるといえます。

このように、頬の赤みが消えない場合に、その状況を改善していくためには角質層の細胞をもとあった状態のようにして肌の保護機能をアップさせていくことが必要になるのです。


・角質層を健康な状態にするには

頬の赤みが消えない場合、それを改善するために角質層を健康な状態にする必要があります。具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。

この点については、まずは、低刺激で保湿効果の高い石鹸やスキンケア用品を用いてバリア機能をサポートする必要があります。洗顔後はクリームなどを用いてしっかりと保湿をするようにしましょう。

そして、ピーリング効果や肌を削る作用のある洗顔料などを用いて洗顔をするのは控えていくことが重要です。また、炎症がひどいという時にはメイクアップを控えたり、肌に刺激がないくらいでメイクアップを行って、化粧品をオフする場合には強力なクレンジングが必要にならないようにしましょう。

また、オイル系のクレンジングは洗浄力が強いといわれていますので、クリーム系やリキッド系など、できるだけ肌に負担とならないクレンジング剤などを用いるようにしましょう。


・まとめ

このように、頬の赤みが消えないという場合には原因が大きく分けると2つあるといわれ、肌の薄さと炎症が挙げられています。これらの原因には関連性があって、肌の状態が薄くなることで炎症が生じやすくなると考えられています。

そのため、頬の赤みが消えない場合には、肌を保護している角質層が薄くなってしまっていいないかということや、そのことで肌のバリア機能が低下して炎症につながっていないかということなどについて確認をしてみましょう。

そして、肌のバリア機能の回復と刺激の強い肌ケアなどを改善しながら、肌の角質層の細胞を増やしていけるようにしましょう。